『セフウェイオープン化』記事投稿の流れについて

『セフウェイオープン化』記事投稿の流れについて
1つ星 3いいね
   

みなさんこんにちは!

ここではセフウェイオープン化に伴って、セフウェイにて皆様が書いた記事がどのように投稿されるかの流れについて説明していきたいと思います。


記事管理のためにもタグとして「著者 ○○〇〇」という形で記事毎に著者を設定させていただきます。これにより、読者側もお気に入りの著者を絞り込むことが出来ます。現状ではペンネームを非公開での投稿はなしでお願い致します。



現状、セフウェイはワードプレスというオープンソースのブログソフトウェアを用いて運営しています。このソフトは簡単に言えば、ブログをはじめとするウェブサイトを作ることが出来るものですね。

オフィスのワードをイメージしていただければ分かりやすいかと思いますが、そのような感じで記事を書きアップロードしたものを皆さんがお読みいただけるという流れです。



今回のオープン化では2つの方法をご用意させていただきました。お好きな方をお選びください。


・ツイッターにて記事の下書きを寄稿してもらい、それをこちらで清書して投稿する方法


セフウェイのDMにて、文章・画像・動画等をお送りいただき、受け取り次第こちらでワードプレス上にて打ち込み、編集作業を経て記事公開となります。

パソコンをお持ちでない、普段あまり使わない等の方は楽だと思いますので、こちらの方法が便利かと思います。

注意点としては、フォント・レイアウト等は極力ご意向に添えるように努力致しますが、叶わないこともあることをご理解ください。また、記事投稿のタイミングに関しては、基本的に順番に取り組む予定なので意図されたタイミングでの投稿が叶わない場合がございます。

以上の点がこちらの方法の概要となります。

こちらの方法で進めたいとのことでしたら詳しい説明は下の記事にてしていますので、そちらをお読みください。

ツイッターを用いる場合のリンク

『セフウェイオープン化』Twitterを用いた記事投稿方法



・ご自身でワードプレスを使用して記事投稿までを担っていただく方法



ワードプレスには複数アカウントにての編集作業を行える機能があり、そちらを利用して記事投稿を行う方法です。

こちらでワードプレスログイン用のアカウントを作成させていただきますので、ログイン後、記事投稿に関する機能をお使いいただけます。

記事投稿に関しては基本的には我々が普段やっている方法と同じことが出来るようになります。

こちらの方法のメリットとしては、1つ目の方法での注意点の部分が解決されます。編集作業もご自身でとなりますし、投稿タイミングもご自由にお決めください。

普段あまりパソコンを使用しない方だと、少し難しそうなイメージはあるかと思いますが、記事を作成するのはいたってシンプルで、少しやれば誰でも出来るようになると思います。

また、有名なソフトなのでググれば簡単に方法は見つかるかと思いますし、我々に分からないことを聞いていただいても結構です。

自由にやりたい、こだわりを出したいという方はこちらの方法がおすすめです。

ワードプレスを用いる場合、ログインアカウント用のメールアドレスが必要となりますのでご準備ください。

以上の点が二つ目の方法の概要となります。

もしこちらの方法で進めたいとのことでしたら詳しい説明は下の記事にてしていますので、そちらをご覧ください。

ワードプレスにての場合リンク

『セフウェイオープン化』ワードプレスを用いて記事投稿する方法



以上がお選びいただける方法となります。色々な方法を模索していますが、とりあえずこれらの方法でお願い致します。もし、他の方法でやりたい!という方がいらっしゃいましたら、ご相談に乗らせていただくのでご連絡ください。

途中で1つ目の方法から、2つ目の方法への変更も可能ですのでお気軽に自分にあった方法をお選びください。

 
1つ星 3いいね