セリフ考察 ボーグ系

セリフ考察 ボーグ系
1つ星 16いいね
   

はじめに

はじめまして。SSRと書いてサソリと読む男、どうも有毒系男子SSRです。
ときに、皆さんはエイリアンのセリフに興味を持ったことがあるでしょうか。なかなかにハイセンスで意味深長なものからネタ的なギャグや不思議な言葉だったりと、個人的にはエリたまの大きな魅力の一つだと思っています。その魅力を紹介できたらと思い記事を書かせて頂きました。長いのでお時間がある時にでもどうぞ。

セリフ

さて、今回は宇宙連合所属、ボーグ系のセリフについて考察したいと思います。変異で作れ、星8の性能も高めということもあって、そのセリフを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

まずは星8イレブンボーグから

春を思わせるようなセリフの中に「アンゴルモア」という単語が出てきます。この単語は『ノストラダムスの大予言』内に出てくるもので「空から恐怖の大王がやって来て、アンゴルモア大王を蘇らせる」という記述があります。これは世界の滅亡を予言していると言われ1999年に話題になりました(当時、わたしは生まれていないので聞いた話ですが)。

アンゴルモアは世界を滅ぼす者で、それに選ばれた死神ということからイレブンボーグ(チェリーボーグ)は世界(1つの星)を滅ぼせる兵器として作られたのではないでしょうか。

では、誰に作られたものでしょうか。アンゴルモア大王かもしれませんが「生み出された」ではなく「選ばれた」と表現されているところに違和感を感じます。

ここで進化前、星7のセブンボーグのセリフ

「先祖の願に従って命を取り戻す」と言っています。「先祖の願」とはなんでしょうか。

まず、ボーグ(の祖先)が生み出された目的「世界を滅ぼすこと」であり、それが願と言えます。ではボーグを生み出した者はなぜこのような目的を持たせたのでしょうか。おそらく、世界を滅ぼしたいからでしょう。そして『ノストラダムスの大予言』内で世界を滅ぼすためにアンゴルモアを蘇らせたりと色々してるのは「恐怖の大王」であることを考えると「ボーグは恐怖の大王が世界を滅ぼす道具として作り、それをアンゴルモアに使わせた」という風に考えられます。

ボーグはつまり正真正銘の戦闘エイリアンなのです。

また、『ノストラダムスの大予言』において学者達の見解は諸説ありますが「恐怖の大王」は「死や破滅そのもの」、「アンゴルモア」はフランス史上最も勇敢な王とされた「フランソワ一世」のこととされています。
イレブンボーグの説明文、「恐怖の大王をまき散らす」も「死をまき散らす(⁼破壊し尽くす)」と解釈できますね。

元の姿

長くなってきましたがもう一点考察したいポイントがあります。それはボーグ系にまつわる「復活」と「進化」です。

主にセブンボーグのセリフや説明文に「失ったもの(命や兵器)が進化によって復活する」という趣旨の文が見受けられます。
これは生み出された初めは完全体(イレブンボーグ、チェリーボーグ)だったが、時が流れるにつれ、徐々に退化していったことを示しています。そしてその失った機能を取り戻すことをゲーム内で「進化」と呼んでいるのでしょう。
エイリアンの卵の孵化装置などはソーサーズによって開発されたものと思われるのでボーグが力を失ったのはソーサーズ誕生以前、かなり昔のことだと思われます(ソーサーズ誕生以後力を失ったなら「進化」ではなく「復活」や「回帰」と呼ばれるはず)。

イレブンボーグが初期の姿でセブンボーグなどが後の姿ということを裏付ける要素は復活という単語以外にもあり、セブンボーグの別名がレインボーグ(雨のボーグ、虹のボーグ)で季節としては梅雨を指すのに対し、イレブンボーグがセリフに「桜花爛漫、百花繚乱」とあったり桜が体の周りを舞っていたりと(チェリーボーグに関しては名前にもなっている)をモチーフにしています。
季節の流れ的に春→梅雨なのでやはり星8ボーグが最初にして完成体というイメージを抱きます。

ちなみにセブンボーグは色々「恐怖の大王」を連想させる要素が多く「恐怖の大王」は空から降りてくる=雨=レインボーグ(セブンボーグ)だったり、世界滅亡の予言の日が1999年7月の初夏(=梅雨の時期)だったりします。まぁここら辺はほぼこじつけのようなものですが。

まとめ

長くなりましたがまとめると

・ボーグ系のモチーフは「ノストラダムスの大予言」
・ボーグは「恐怖の大王」によって生み出された兵器生物
・ソーサーズ誕生以前までに既に生み出された当時の力を失っていた
・進化することで昔の姿に戻って強くなる

となります。
特にかなり昔から存在するエイリアンという点が個人的には発見だと思います。ここら辺も裏設定として練られているとするとエイリアンはかなり考えられて作られているのかも知れません。そこら辺を考察するのが楽しいですが。

以上でボーグ系の考察とさせて頂きます。セリフや説明文から読み取れる魅力が伝わったでしょうか。今後、エイリアン達のセリフも気にかけてみてください。

それでは。

 


 
1つ星 16いいね